優しいコードでもコードチェンジが早いと厳しいね。今夜だけきっと

優しいコードでもコードチェンジが早いと厳しいね。今夜だけきっと

「今夜だけきっと」
歌:スターダスト・レビュー

週に1曲弾き語り挑戦 11曲目
弾き語り初心者向け。という定番曲ではないけれど、
個人的に好きなスターダスト・レビューの曲の中から選んでみました。

流石に、今回は弾き方解説の動画が少なくて、
ひとつ見つけたのですが、キーが合わなかったんですよね。
でも、とっても丁寧な解説だったので、キーが合う方にはおすすめです。
原曲キー:Ab こちらの動画のキー:F 
スターダストレビュー「今夜だけきっと(cover)」弾き語り(弾き方) with ドラムのドラちゃん(ZOOM RT-223) | ゼロからギター (その81)

今回は手元にある
スターダスト・レビューギター弾き語り曲集
という譜面を見ながら練習を進めていきました。

この譜面は原曲キーでのコードも書いてあるのですが、
少々弾きやすくなっているカポ有りバージョンでもコードが載っています。
有り難いー!!

私はカポ1:Gキーのバージョンで練習しました。
Am7 とかD7とか、Gとか。顔ぶれをみると、ほっとしますよね。
あぁ、私にも弾けるかも、、。
そんな期待をしてこの曲を選曲。

やり始めはいつも思うんです。
「ああぁ。今回はちょっと楽に演奏できるようになるかなぁ。」って
でも、毎回、
「もう。。。1週間じゃ、仕上がんないよー!」ってなるんですよ。

必ず、どこか一箇所や二箇所
「上手く出来なーーーーい!」となる部分がやってくる。
で、たいがい、そこが弾けたらカッコいいのに。と思う場所だったりする…。

今回は
サビが終わってAメロに行く前の
じゃ~ん。じゃ、じゃ、じゃ、じゃ~ん。とやる部分。
コードで見ると、簡単なんですよ。

G     C   Bm  Am  G
じゃ~ん じゃ じゃ じゃ じゃ~ん

まぁ、Bmが難しいんですけどね。
これは弾き語り挑戦初期でさんざん練習したので、
なんとかクリア。

他は初心者にもおなじみのコード。
でもね、コードって一つで存在するわけじゃないんですよね。
繋がって始めて曲になる。

パッ パッ と指が切り替わってくれないと、
じゃ、じゃ、じゃ、じゃ~ん。とは響いてくれないんですよね。

でも、ここやりたい!
早くてできない!
「あぁーーーーー!!!」となるんです。

他にもこの曲は、一小節の中で切り替えが多いので、
コードチェンジが大変!

G→Abdim
Aメロで出てくる Abdimとか。
C→C6→CmM7→Cm6
徐々に下がってくるような、響きの綺麗なコードとか。
どれも、ちゃんと鳴らしてきれいに弾きたい!

と思うのに、指も複雑だし、切り替え早いしで、
どうにもこうにも!!

あとは、転調した後の部分。
簡単弾きのカポバージョンになっていたはずが…。
結局、転調したあと、原曲キーの出だしと同じキーになるんですよね。

つまり、コードが複雑になる。

またしてもひえ~と叫びたくなる。

でも、11曲挑戦してきたおかげで、
ダメなところを工夫する知恵も徐々に付いてきました。

・省略してしまう。
・複雑なコードを簡素化してしまう。
・ストロークを変えてみる。

いろんな選択肢を自分で考えられるようにもなってきました。
なので、現状の力で弾けるアレンジの仕方で仕上げてみました。
よかったら、聞いてみてください。

弾き語り動画↓