「め組のひと」を一人遊びフルートで吹いてみた。

「め組のひと」を一人遊びフルートで吹いてみた。

「め組のひと」  1983年
歌:ラッツ&スター
作詞:麻生麗二
作曲:井上大輔
編曲:井上大輔・ラッツ&スター

最近の曲の振り付けは踊れないけれど、
昔のものは、曲がかかるとついやりたくなってしまう。
動きがシンプルで、何十年たっても体が覚えている。

今の若い人たちは、
二代目なんちゃら…や〇〇坂の皆さんの曲を
中年になった時に、一緒にマネして踊るのかなぁ?

「め組のひと」
1度見れば、誰しも「めっ」とやりたくなってしまう。
一瞬にして、1億2千万人の心を鷲掴み。

そんなワクワクが未だに止まらない曲を
今回「一人遊びフルート」で演奏してみました。

「め組のひと」をやるなら、
楽しい雰囲気そのまま再現したい!

と、まずやったことは
ネットで小道具探し。そして、
派手なジャケット、サングラス、付け髭…
とアイテムが増えていきます。

よし、今日は「め組のひと」の動画を撮ろう!
と、思った朝「蝶ネクタイ」を忘れたことに気づきます。
何か代用できるものはないかと、いろいろ探し…。
紺色のワンピースに付属していたベルトを見つけます。
「ベルトのバックル見えちゃうけど、まぁいいか。」

そして、宅急便がピンポーンと来なそうな時間を
見計らって撮影開始。
だって…。
頭リーゼントして、付け髭つけて、派手派手ジャケットで
玄関に出られないから。

フロントの4人+桑マン
それぞれの撮影。
今まではデュオしか一人遊びフルートでは
撮ったことがなかったので、
かかる時間が2倍以上。

あぁ・・・。
そうか、グループだと何倍も撮らないといけないのね。
と撮りはじめてから気がつく。

クーラーの音が入らないように、
空調止めているので、早くも汗だく。
熱中症になったら、この格好のまま救急車。。
(それは困る。)

無事に撮影を終えて、次は編集。
前回の「モーニングムーン」同様、
アホな姿を画面に見ながら、編集作業を終え、
ホッと一息。

「何でそんなことやってるの?」
時折、自分の頭の中をそんな言葉がかすめることもあります。

でも、不思議な感覚なんです。
他人の目を気にせず、怯えず、
「やりたい。やってみたい。」と思ったことを
挑戦できる今。
小さい頃に、押し込めて外に出せなかった感情が
一気に溢れ出てくるような感じがします。

運良くか運悪くか…
私の動画を見てしまった方が
「何やってるの、この人。」「アホだね。。」と
一瞬でもプッと笑ってもらえたら、嬉しいです。