「チェリー」Gで小指がカクってなるよぉ…。

「チェリー」Gで小指がカクってなるよぉ…。

チェリー 歌:スピッツ

弾き語り挑戦5曲目
シンプルなコードの顔ぶれで構成されている、定番の初心者オススメ曲から
チェリーを選びました。

今回参考にさせていただいたのは、こちらの動画。
ギター初心者でも簡単に弾ける曲 TOP3【初心者のためのギター講座】
この動画では、初心者向けに3曲紹介されています。
その中の一曲がチェリーです。
右手のストロークの解説がメインで(とってもわかりやすい!
残念ながら曲全体の解説はされていないんですよね。

なので、曲全体の雰囲気を掴むために
【ギターコード付き】スピッツ/チェリー【アコギ弾いてみた】
こちらの動画を参考にさせていただきました。
歌詞とコードも付いていて、ギターの手も見やすい角度で撮影されています。
(指が長くて羨ましい。。)

5曲目にもなると、「C」や「G」といったおなじみのコードであれば、
パッと手がそのポジションへ行くようになってきました。
コード譜を見て、あぁ、このコードもこのコードも分かるから、弾けそう。
そんな風にワクワクもできるようになりました。

なので、当初はスルッと弾けるようになるかな?
なーんて思ったのですが、ところがどっこい。
スムーズにいかなかったんですよ。

なんでかなぁ。。

右手のストロークは、ゆっくり何度も練習していくうちに、
できるようになっていったので、さほど大きな壁は感じなかった。

でも、何故かスルッとできるようにならない。
何で?

結局は、コードチェンジに苦戦しました。
それぞれのコードを単体では、ジャーンと鳴らせる。
だけれど、それをパッと切り替えて次のコードに行っても
きれいにジャーンと鳴らせるのかは、また別の問題。

シンプルなコードで、見た目上はパッと形をつくれても、
鳴らない音があったり、ビヨヨーンと濁った音が出たり…。
地味な問題にぶつかって悩んだ。

早くできるようになりたくて、練習すればするほど、
手が固まって動かなくなる。

無駄に力んでるから、手首も痛いし、指もおかしくなってくる。
特に「G」の小指。
時折小指が言うことをきいてくれない。
カクっとなってしまう。

これはやりすぎると、完全にばね指になってしまう…。

休まないと。。と思うけれど、練習もしたい。
そんな気持ちでジリジリ。。

そんなこんなで練習して一週間。全体を通して弾けるようにはなったけれど、
テンポが原曲の速度まで出せない。
コードチェンジが追いつかなかったー。
なので、今回はちょっとゆっくりバージョンの仕上がりなりました。

あ!あと、一つだけ、抑えられなかったコードがありました。
「Bb」2番の歌が終わる時、ほんの一瞬だけ出てくる。
これが出来なくって…。
「BbM7」でやったのですが、それでもパッとは抑えられず。
若干アバウトな雰囲気で弾いてます。

そして、仕上がったのがこちらです。↓