オンラインレッスンできるのは英会話だけじゃない!

オンラインレッスンできるのは英会話だけじゃない!

このところの騒動で、見えない檻の中で生活しているような感じですね。。
実際には見えない檻ではなく、完全に自粛せざるを得ず、中止・延期・閉鎖。
などの苦渋の選択をせざるを得ない業種も沢山あり、そんなお知らせを聞くたびになんとも言えない苦い気持ちになります。

音楽業界はその影響を真正面から受けなくてはいけない状態で、その痛手は想像をはるかに越えているかと思います。
私は音楽業界の中の人ではなく、一般の人です。でも毎日音楽を聴き、楽器を演奏し、歌を歌い、音楽によって生活に彩りを添えてもらっています。

ただの一般の人である私でも音楽業界に貢献出来ることはないのか?
と考えたとき、出来ることを見つけました。
今まで対面で受けていたレッスンを、延期や中止にするのではなく、オンラインで継続することです。

本当に小さい貢献かもしれないですが、ほんの少しでもレッスンの先生=ミュージシャンを手助けできる一つのアクションであることは確かだと思います。
先生もレッスン業のみで生計をたてている人や、ライブなどの活動と平行してレッスン業を行っている人など様々かと思います。
いずれにしても、今までレッスン料を先生に対して支払っていたならば、それは先生の生活を支えるお金の一部となっていたはずです。

レッスンを受ける側も等しく、この状況により打撃を受けていて、とてもレッスンなどにお金を回す余裕はない。という人もいるでしょう。
そして簡単にオンラインレッスンと言っても、そもそも自宅で楽器の音出しができる環境じゃない。という人もいるでしょう。

でも、百人レッスンを受ける人がいれば、そのうち何人かは「まだレッスン代払えるへそくりあるよ。」という方、「我が家は音出し大丈夫。」という方もいるかと思います。
そして、オンラインレッスンという選択肢が思いつかず、レッスン受けたいけど、無理だよな。と諦めていた人もいるかと思います。

そんな方には、是非、オンラインでレッスンの継続を試してもらいたい!
と、思いこの記事を書きました。

以下の文章は、私と先生の間でどのようにオンラインレッスンを進めていったのか。その概略が書いてあります。
やってみて思ったこと、メリット・デメリットも含め、オンラインレッスンの感じを掴んでもらえれば。と思って書きました。

長いので、お時間あるときにでも読んでいただけたら、嬉しいです。

私は英語のレッスンをオンラインで受けたことがあるため、オンラインレッスン。というもの自体には馴染みがあります。
ですが、フルートのレッスンなど音楽のレッスンに活用したことはありませんでした。

楽器のレッスンだと、微妙なニュアンスなどやはり対面でしっかり指導して欲しいですし、空気の振動として伝わってくる先生の音も生でしっかり聞きたい。
という思いもあり、オンライン。ということは考えていませんでした。

しかし、これはもう試してみる時!だなと思いました。
先生は、「レッスンに来てもいいよ。」と言ってはくれましたが、(緊急事態宣言が出るよりも以前の話です。)
警戒しすぎだとしても、「オンラインレッスンを試してみたい。」とお願いしました。

双方にオンラインレッスンが出来るネット環境、そして機器が必要になるため、先生とやり方を協議しました。
初めはZoomで。。と思いましたが、もう既にインストール済みだったSkypeを利用することになりました。

ドキドキしながら迎えたオンラインレッスン初日。
先生側はタブレットで、こちらはipadで行いました。
手間取ったのは2点。
・大きい画面が自分の顔に、小さい画面が相手の顔。という状態をどうやって変更するのかわからず戸惑った。
・音がうわんうわんと、うなって聞こえる。
→これは、私がAirPodsを使っていたための現象だったようで、AirPodsを使うのをやめたら、改善しました。
(英会話のレッスンではAirPodsをつけた方が断然快適にレッスンを受けられたのですが、フルートの場合は本体のスピーカー&マイクの方が良いようです。)

オンラインレッスンを試してみた結果わかったこと。
・100%満足ではないが、次善の策としてのレッスンとしては十分使える。
・先生側のお手本の演奏もよく聞こえるし、こちらの演奏もしっかり届く。
・説明などの会話も、当然問題なく行える。
・自宅にいるので、緊張感がいつもより和らぐ。(レッスンでは結構緊張してしまうたちなので…。)

以上は良い点。以下に悪い点。
・ネットを介しているので、音の遅延が発生。その為、アンサンブルが出来ない!
これは盲点でした。1.2.3.4.とカウントしてスタートしても、1拍分くらいズレてしまうので、アンサンブルとして成立しない。
(きっと5Gになったら、この問題は解決するんでしょうね。)

この、アンサンブル出来ない問題については、現状どうしようもなさそうなので、
後日、先生がアンサンブルするパートのみを吹き込んだものを、データで送ってくれました。現在は、それに合わせながら練習をして感じを掴んでいます。

次回、追加して使ってみようと思っているもの。
・先生はこの機会にパソコン買い替えを検討中。そしてマイクをつなげてみる予定。
・私の方もマイクをつなげてみる予定。
やはり、今の状態でも問題なくレッスンはできるものの、音質が改善できるならば試したい。という感想です。

実際に先生と私で試してみた経過を書いてみました。
何かちょっとでも参考になればうれしいです。

どの報道を見ても、気が滅入ることばかりで息苦しいですが、
音楽に触れて、心に栄養補給して、夜明けの世界を楽しみにしましょう!