簡単だって言ってたじゃん…Stand by me

簡単だって言ってたじゃん…Stand by me

「Stand By Me」 歌:BEN E. KING

ギター弾き語り。一週間で一曲挑戦6曲目。
今回は初の英語曲です。

「絶対弾ける!」と講師が太鼓判を押す動画を見つけてしまったから。
うーん。挑戦せねば!と血が騒ぐ。

今回参考にした動画はこちら↓
【絶対弾ける】ギター初心者の練習曲「Stand By Me」の弾き方を解説します!簡単に弾けるパターンを3つ紹介!

こちらの栗原講師の動画は、初回の「丸の内サディスティック」でも
お世話になったのですが、アレンジが格好良くって好きなんですよね。
「おほー。カッコいい。こんな風に弾けたらいいなぁ。」
なんて思って始めるのですが…。

この動画の中では初心者向けにレベルを少しずつあげる形
3パターン紹介されています。

1つ目のパターン。
ベースのリズムパターンを繰り返し鳴らすだけなので、
確かに、これなら絶対弾ける!に偽りはありませんでした。
でも、歌とあわせてやってみたら…

激ムズじゃないですかーーーーーーー!!

歌とギターの指を別々にできなくて
つられちゃうし、音程とれないし。。
で、大苦戦。

ここを克服するために、
ギターは横に置いて、机でリズムパターンを叩きながら歌う。
という練習をして、なんとかクリア。

そして、2つ目のパターンに進みます。

コードが4つしか登場しないので、そういう意味では
難しくないんだけれど…。
今まで抑えたことのない手の形に苦戦でした。

ギターのネックの真ん中辺りで押さえる「D」
む、難しい。。
人指し指の先で、ちょこっと6弦に触れてミュートしてください。
ってさらっと講師は言うけれど…。
へ?どうやるの?
上手くできないよ!

というところで、またもや苦戦。

そこに2日間くらい費やしたのですが、
なかなか上手にできないままで…。

でも、我慢ができず、パターン3に突入。

だってね。
やっぱり、この3番目のパターンが一番格好良くって
弾けるようになりたい
んですよ。

だから、なんとしても、このパターンで完成させたい!
でも、ムズイ…。

「うおーーーーーーー!」
叫びながら、やりました。

そんなこんなで出来上がったのがこちら↓
よかったら見てください。